矯正歯科での審美治療|矯正中でも目立たないスペシャル器具

歯医者

人気の裏側治療

具体的な治療例について

歯医者

武蔵小杉の矯正歯科と聞くと一般的に金具やワイヤーを歯に直接取り付けて行っていくものというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。確かに、武蔵小杉の矯正歯科で行われている治療の中にはそういったものも含まれています。ですが、最近ではその他の治療方法も取り入れられていますし、中には人目には一切わからず治療を進めていけるというものもあるのです。 その代表的な例がマウスピース矯正、裏側矯正です。マウスピース矯正は無色透明のマウスピースを使った矯正方法で、金具を装着する手間もいりませんし何より周りに矯正歯科に通っていることをばらさずに治療を進めていくことができます。裏側矯正も同様で、歯の裏側に矯正器具を取り付けていくので変に人の目を気にすることなく治療が進められます。

治療中の負担について

武蔵小杉で行われるこれらのマウスピース矯正、裏側矯正は治療中の負担が比較的少ないことでも知られています。というのも、マウスピース矯正の場合は特にメンテナンスの必要もありません。しかも、自分で着脱が可能なので衛生面、安全面でも非常にメリットが大きいのです。裏側矯正の場合は、ある程度金具を装着しているので定期的なメンテナンスが必要になってきます。ですが、この場合も歯の表面部分に金具を取り付けるケースよりも手入れが簡単に行えるものが多く、歯周病や虫歯予防にもつながる治療例もあるため非常におすすめです。 どちらの場合でも患者側の負担は最小限に抑えることができるので、非常に魅力的な治療法です。気になる人は是非一度、武蔵小杉の矯正歯科の初診、カウンセリングで問い合わせてみるといいでしょう。