矯正歯科での審美治療|矯正中でも目立たないスペシャル器具

歯医者

表側矯正での効果

矯正とはどういったことを行うのか

歯医者

歯は人と話すうえで見られる一部となっています。歯並びが悪いという場合は自分でも気になってしまいますね。そこで代官山の歯医者に行くことで歯並びを綺麗にすることができるのです。代官山の歯医者ではどういった治療を行うかというと歯にブラケットとワイヤーというものをつけます。ブラケットとは歯に取り付ける装置で欧米ではブレースと呼ばれています。また現在はメタルやハイブリッド、セラミクス製等があります。ワイヤーは2種類あり、アーチワイヤーとリガチャーワイヤーです。アーチワイヤーはブラケットに通すワイヤーでワイヤーの持つ弾性を利用し歯を動かします。リガチャーワイヤーはアーチワイヤーをブラケットに結ぶ、細いワイヤーの名称となっています。顎内、顎間固定装置の固定に使用します。

矯正歯科の現在はどうなっているのか

代官山の歯医者では子供の治療と大人の治療とで分かれています。現在では矯正を行う方が多くなっています。子供の場合は小児矯正と言い、顎の骨のバランスや大きさを整える1期治療と呼ばれる骨格矯正と、永久歯が全部生えてから歯の位置を整える2期治療の歯列矯正の2段階があるのです。1期治療は年齢でいうと約6歳から10歳くらいに行うのが良いとされています。不明な点は代官山の歯医者に直接相談してみましょう。大人の矯正の場合は成人矯正や2期治療と呼ばれ、最近ではこういった技術が発展したため年齢はあまり関係なく行うことができるようになりました。従来より歯を動かしやすくなった表側矯正や裏側矯正、また取り外しができるマウスピース矯正等があり、ライフスタイルに合わせおこなうことができるのです。